ステロイド不使用と偽って漢方クリームを販売?

金曜日, 5月 2nd, 2014 @ 12:00 AM

アトピーは、赤ちゃんや子供の疾患かと思う方も多いようですが、大人のアトピー性皮膚炎で悩んでる方も多いようです。

これだけ医学が進歩しても、アトピー性皮膚炎の原因や根本的な治療法は、明確にやっている訳ではないようです。
アトピー性皮膚炎の原因としてよくあげられるのは、ダニやハウスダスト、精神的なストレス、免疫力の異常など。

先日も、横浜の病院でステロイド不使用と偽って漢方クリームをアトピー性皮膚炎治療薬として処方していたというニュースが話題になっています。

ステロイド不使用といいながら、実は、非常に強いステロイドが使われていたため、顔の皮膚が赤くなってしまった被害者が、病院長に詰め寄る場面もニュースで報道されていました。

この病院では、1,998年頃から漢方クリームを5 g入り 4,000円で販売。

副作用が強いステロイドを使用したくないと考えている多くの患者さんが、藁をもすがる思いで購入して使用していたのかと思うと、この病院長は、絶対に許せないと感じます。

ステロイドが、アトピーのかゆみなどに効果があることが知られており、病院に行くと必ず処方される薬ですが、副作用があるため、患者にしてみれば、できれば使いたくないと思い悩んだ末のことなのに・・・実に、ひどすぎますね。

アトピーの悩みを共有するサイト■こちらアトピー性皮膚炎の悩み解決情報局■が参考になります。

Posted in 医療関連 | No Comments »

Leave a Reply